良い中古マンションはすぐに売れてしまう!その理由を徹底解説2020年06月25日

中古マンションと聞くと、新築マンションに比べ人気がないのでは?と思うかもしれません。確かに中古マンションの数は全国で増え続けているのに対し、人口は減少していることもあり、なかなか入居者が決まらない物件も多く存在します。

しかし、人気エリアに建つ中古マンションはあっという間に売れることが多く、中には同じエリアに建つ新築マンションよりも人気が高いこともあるのです。中古マンションはゆっくりと選んでいたら、他の人に取られてしまうこともあります。

今日は「条件の良い中古マンションがすぐに売れてしまう理由」と「人気物件を逃さないためのポイント」についてご紹介します。

なぜ良い中古マンションはすぐに売れてしまうのか

「良さそうな中古マンションの情報が出たので、週末に内覧の予約をした。しかし、内覧をする前にそのマンションは売れてしまった」
実はこのようなケースは珍しくありません。

魅力的な中古マンションは即座に売れてしまうことが多く、「また他の人に取られた!」と悔しい思いをしている人が数多といいます。まずは良い中古マンションがなぜあっという間に売れてしまうのか、その理由についてご説明します。

中古マンションは一点ものである

中古マンションは、新築マンションとは異なり一点ものです。新築マンションの場合は、同じような間取り・条件の部屋が一斉にたくさん売り出されます。

しかし中古マンションは1部屋ずつ売却されるため、同じような間取りと内装の部屋は存在せず、販売している部屋だけが一点ものとして存在します。

つまり自分の理想とする中古マンションを見つけた後に、再び同じような中古マンションを見つけるのは難しいのです。例えば「理想に近い部屋だけど、トイレの狭さが気になる…」と悩んでいるうちに、他の人に取られてしまうことは十分考えられます。

また自分が理想とするマンションは、他の人にとっても魅力的であることがほとんどです。予算の問題がクリアしているのであれば、スピーディーに決断する力が求められます。

中古マンションは売り出すタイミングが分からない

中古マンションの場合、理想とする物件がある日突然売りに出されます。新築物件の場合は建設スケジュールが決まっているため、いつ売り出されるのか分かりますが、中古マンションの場合は売主の都合もあり、あらかじめ予定を把握することは難しいのです。

理想とする物件の情報を漏れなくキャッチするためには、常に中古マンションに関する情報を収集しておくことが大切です。普段からアンテナを張っておかないと、知らない間に物件が売り出され、気付いたときには他の人が購入しているという可能性も高いです。

その地域やそのマンションを欲しい人は、頻繁にチェックしている

中古マンションを購入するにあたり、ある程度住みたい地域を絞り、さらに住みたいマンションにまで狙いを定めているという人は案外多いです。そのような人は、不動産会社に「希望する物件が出たらすぐに連絡をください」と、事前にお願いしていることもあります。

そうすると、不動産会社は中古マンションに空きが出た場合、情報を一般へ公開する前に、あらかじめ依頼を受けていた顧客へ連絡をしてしまうこともあります。自分でいくら調べていても情報が掴めないまま、知らぬ間に魅力的な物件は売れてしまうのです。

こうしたことを防ぐには、自分自身でも住みたいエリアや物件をチェックし、情報を先回りして知らせてもらえるよう不動産会社にお願いをしておくことが大切です。

欲しい物件が売却済みになってしまった経験があるから決断が早い

中古マンションの購入を希望している人の多くは「過去に欲しい物件を取られてしまった」という苦い経験があります。そのため、次に条件に合った物件が出た場合、即座に購入を決断する人が大半です。

こうした理由から、自分が購入の判断を迷っている間に、他の人に部屋を取られてしまうことが起こりやすいのです。

中古マンションの購入を検討している方は普段から希望条件を整理しておき、理想の物件があったときに決断できるよう心の準備をしておきましょう。

人気中古マンションを買うためのポイントとは

立地がいい場所に建つ中古マンションには人気が集中します。より競争率があがることを考慮すると、理想物件を購入するために押さえておくべきポイントがいくつかあります。

ライフスタイルの変化が見えたら購入を検討したほうがいい

結婚や出産、転勤といったライフスタイルの変化があったら、早めに中古マンションの購入を検討しましょう。

中古マンションが他の人に取られてしまう理由の一つに「いつ購入すべきか悩んでしまった」ということが挙げられます。これは金銭的な問題でクリアできないこともありますが、「まだ賃貸住宅でもいいか」とタイミングを見失い、なかなか購入を決断できないこともあるのです。

マンションを購入するタイミングは、それぞれのライフスタイルによって変わります。ただ「子どもが生まれたけどどうしよう」と悩んでいる間に、子どもの進学にあわせて引っ越しを検討したり、兄弟が生まれて部屋が狭くなったりすることは十分考えられます。

そのような状況で物件を探すとなると気持ちが焦り、理想よりも目先の問題解決を優先して妥協した物件を買ってしまうこともあります。理想とする中古マンションを購入したいのなら、ライフスタイルに変化の兆しが見えた時点で、早めに行動したほうがいいでしょう。

自己資金は準備しておくのが鉄則

中古マンションを購入するには、自己資金を用意しておかなくてはなりません。

平成30年度における住宅市場動向調査報告書によると、中古マンションの平均購入資金は約2,600万円です。このうちの7割程をローンでまかなう人が多いことが分かりました。このデータによると自己資金として約800万円を準備していることになりますが、一般的には中古マンション購入時の諸費用は物件価格の1割だといわれています

また資金計画をしっかり立てておかないと、のちの支払いで苦労することも多いです。特に中古マンションは修繕積立金が年々上がったり、固定資産税が築年数などによって変化したりということも考えられます。単純に住宅ローンだけを計算するのではなく、その他の諸費用も考慮したうえで、どの程度の物件が購入できるのか考えましょう。

参照https://www.mlit.go.jp/common/001287761.pdf

「いつか安くなる」は期待しないほうがいい

中古マンションを購入する人の中には「もう少し待てば価格が安くなるのでは」と考える人もいます。しかし、実際には中古マンションが大きく値下がることはないと言われています。

過疎地における中古マンションは、年々値下がっていて売れない物件も多く存在します。しかし都市部を中心とした人気エリアにおいては、一極集中で都市部に住む人が増えていることもあり、コロナ渦で不況になってもそれほど値下がることはないと予想されています。

中古マンションが「いつか安くなる」という期待は、あまりもたないほうがいいでしょう。待っている間に、魅力的な物件はどんどん売れてしまいます。

内覧はその日に動く!?気に入ったら即決する勇気をもとう

人気エリアに建つ中古マンションは、常日頃からチェックしている人も多く、情報が出た時点ですぐに購入されてしまうことがあります。自分の理想とする物件を手に入れるためには、普段から次のことを意識しておきましょう。

・希望するエリアや建物を絞り、空き物件が出ないか常にチェックする

・内覧はなるべく早く行い、日にちを空けない

・予算内に収まる理想物件が出たらすぐに決断する勇気をもつ

中古マンションは一点ものであり、同じような物件が再び出る可能性は低いです。「これだ!」と思う物件があれば、その場で決断する勇気も必要でしょう。