mitaina user voice ~選び方から暮らし方まで。同じ目線で伴走してくれた住まい探し 田中剛様ご夫妻~

user voice

2021.07.30

「mitainaでマンションを購入するという体験を、すこしでも具体的にイメージしてもらいたい。」

そんな想いから、リノベーションマンション・中古マンションをmitaina(ミタイナ)で購入したユーザー様の率直な“生の声”をお届けする”mitaina user voice”。

今回お話をうかがったのは、3人のお子さんを持つ田中様ご夫婦。

社会人となった2人の娘さんはそれぞれ一人暮らしをしているため、現在は高校生の息子さんとご夫婦の3人で暮らしています。

2021年3月に住まいの検討をはじめ、5月に都内の中古マンションを購入。7月頭から新生活をスタートさせました。

中古マンション購入にいたったきっかけや、比較する中で感じた他社との違い、相談しにくいお金のこと……実際に体験したからわかる“mitainaの本当のトコロ”が見えてきました。

転職と一段落した子育て。住まい購入の決断

以前は都内の賃貸住宅に暮らしていた田中様ご一家。子育てが落ち着きはじめたところでの新たな変化が、“住まいを買う”という選択肢につながったといいます。

「これまでは夫の単身赴任が続いていました。でもこの春に転職したことで、今後はずっと東京勤務と決まったんです」と奥様。

さらには、将来を見据えるご主人の想いも要因となったそう。

「子どもたちが巣立って、これから資産として何か残していかなきゃいけないかな、と。mitainaの石黒さんから『やはり賃貸は損してしまう』というお話も聞いて、マンション購入を決めました」。

実家が戸建て住宅であったことから、マンションへの憧れがあった奥様。その中でも新築ではなく中古を選んだのは、「夫が50歳を迎え、子どもも3人いることから、金額的に手が届くのは中古なのではないか」と考えがあったからだと教えてくれました。

家族の一員のように、同じ目線で価値を見極めてくれた

検討当初は、まずネット検索からはじめた田中様ご夫婦。

「他の会社にも話を聞きに行きましたし、内見もしました。でもほとんど“売り手目線”の情報しか教えてくださらず……。良い面だけを開示して、水害などのリスクや不安に思う要素は何となく隠されている印象でした」とご主人。

他社で内見をすると“売ったら終わり”と感じる場面が多い中で、mitainaは全く違う接し方をしてくれたそうです。

「正直に情報を開示してくれることはもちろん、この物件に住むならどのようにベッドを置くかを一緒に考えてくれたり、毎日の移動を考えて妻が好むエレベーター付き物件を選んでくれたりと、我々のライフスタイルまで踏み込んで提案してくれたのが非常に嬉しかったです」。

奥様も、自分の立場に立って一生懸命対応してくれる姿勢に心を打たれたそう。

「私たちが集合場所を間違えてしまい、担当営業さんが汗だくになりながらすぐこちらに来てくれたことがありまして……接するたびにとてもいい人だという印象を抱きました。『ここが気になる、そこはイヤ』と言っても決して否定することなく常に一緒に考えてくれたこともあり、その人柄に惹かれましたね」。過去のできごとも振り返りながら、最終的にmitainaに任せると決めた理由を笑顔でお話ししてくれました。

今の生活だけを考えるのではなく、これからの“資産”として捉えアドバイスをしてくれたことも、mitainaを選ぶ決め手になったとご主人は語ります。

「石黒さんは、『今住むところとして内装は大切だけれど、そこはリノベーションでいくらでも変更できる。だから、資産として捉えてどのポイントを見るべきかの検討も重要』ということをしっかり教えてくれました。他社さんでは部屋の中の機能や内装デザインの話がメインで、こうした話はまったく出てきませんでしたね。“資産として見たときの選び方”から事細かく教えてくださったのは、とてもありがたかったです」。

プロの声と論理的なデータで、不安を丁寧に解消してくれた

何といっても大きな不安材料になるのは、お金のこと。

転職が購入のきっかけになったものの、金銭面での不安は増えてしまいました。

「ローンがなかなか組めないのでは……と不安でした。でもファイナンシャルプランナーを紹介していただけたので、相談を通して『思ったよりいけるのかも』という自信がつきました。結果的に当初の想定よりも攻めた方針にしましたが、今のところこの選択は間違ってなかったと思っています」と奥様は力強く語ってくれました。

さらにご主人は、入念に検討を進めるべくAI価格査定も活用。リノベ・中古マンションは新築マンションとは違い、同じものには二度とお目にかかれない一点モノのため、その物件に設定されている価格が適正なのかの判断は非常に難しいのが現状です。

そこでご主人は、この査定で低く出た結果についてもmitainaに相談を持ちかけたといいます。

「検討している物件の価格が適正か否かを、グラフで示してくれました。データをもとに、この価格は妥当だということを論理的かつ納得のいくかたちで説明していただけました」。

ネット上のAI価格査定は「査定方法」を開示していないものがほとんど。mitainaは、第三者機関のレポートとともにその査定の根拠が乏しいことを提示し、提示価格が適正であることを導き出しました。

情報が錯綜し、どの情報をどう受け取るかが難しい時代。そんな中でも、田中様は不安要素を極限までなくした状態で購入に踏み切れたといいます。

オーダーメイド資料が比較検討をスムーズに

価格、優遇措置、購入メリット……複数の物件を比較検討するには、さまざまな情報を横断的に見比べる必要があります。それゆえに、情報の整理だけでクタクタになってしまうこともすくなくありません。

しかし奥様は、「内見後は徐々にその物件の印象が薄れていくし、情報と記憶が合致しにくくなります。でもmitainaさん側で情報をわかりやすく整理してくれたので、私たちは情報整理のために手を動かすことはなく、また曖昧な記憶に頼ることなく、すぐ具体的な話し合いを進めることができました」と話します。

mitainaが作成したのは、田中様専用の比較検討資料。これにより、ご夫婦は手間のかかるフェーズを飛び越え、残りの“判断するフェーズ”に注力することができたようです。

最終的には20件弱の物件を見て回り、以前の住まいから2駅ほど離れた場所にある物件に決めた田中様。

奥様は「入った瞬間に、『ここがいい!』と思いました。たくさん内見をさせていただいて、たくさんの軸を持って検討ができたからこそ、すぐ『ここだ』と決断できたのかもしれません」と振り返ります。

太陽の光が降り注ぐ、明るく眺望のよい住まい。心から気に入り、新たな暮らしを楽しんでいる田中様ご夫婦でした。

share facebook twitter line
pagetop