36年ぶりの物価高!会社員100名に聞いた「物価に対する考え方」と「オミクロン後の消費意欲」

特集・その他

住宅ローン・金融

2022.02.19

日本銀行が2月10日に発表した1月の国内企業物価指数は、1985年9月以来36年4か月ぶりの高さとなりました。

さらに、米国が2月10日発表した1月の消費者物価指数は、1982年2月以来約40年ぶりの高水準となっています。

この歴史的な物価上昇について、消費者はどのように考え、どのような対策をとっているのでしょうか?

mitainaでは100名の会社員に物価上昇の実感や、対策の検討状況についてアンケートを実施しました。

また、オミクロン株の流行が落ち着いたら、旅行をしたいと思うかなどの消費意欲について調査した結果もまとめました。

アンケート調査概要

<調査対象>

  • 20~60代の会社員

<調査期間>

  • 2022年1月24日~2021年2月6日

<調査人数>

  • 100人

<年代>

  • 20代 14人
  • 30代 34人
  • 40代 30人
  • 50代 21人
  • 60代 1人

<年収>

  • 300万円未満:24人
  • 300万円から500万円:20人
  • 500万円から700万円: 44人
  • 700万円から900万円: 6人
  • 900万円から1,200万円: 4人
  • 1,200万円以上: 2人

物価上昇を実感していますか?

まずはじめに、物価上昇を実際に感じている人が、どれぐらいいるのか調査したところ、87%の人が「実感している」または「やや実感している」と答えました。

その理由として、以下のような声がありました。

物価上昇を「実感している」または「やや実感している」人の回答例

・車によく乗っていて、日々上昇するガソリン価格が気になっています。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・もやしや野菜、牛肉など食品の値段がどんどん高くなっているから。

  ー 20代女性(年収~300万円)

・日用品が値上がりしているし、食品も相次いで値上げになっているから。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・うまい棒の値上げが最近発表されました。物価上昇を企業努力で吸収できなくなっていると感じました。

  ー 60代男性(年収1,200万円~)

・ガソリン代の上昇の他、今年に入って、日用品、食料品もどんどん値上がりしてきている。

  ー 50代男性(年収500万円~700万円)

・昼食代が上がっているからです(チェーン店系は、特に感じます)。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・よく行くスーパーで買い物をすると、各製品が「2月から値上げします」と表示されていたから。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・パック飲料の内容量が同じ値段で、1000→900mlにリサイズされて販売されているから。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

・家計簿をつけているのですが、食費にかかるお金が増えてきていて、物が高くなっているのを実感しています。

  ー 50代女性(年収~300万円)

物価上昇に対して、対策はとりますか?

次に、物価上昇対策への意識を聞いたところ、節約や収入を増やすなどのアクションをとると回答した方が82%。

一方で「特に対策はしない」と回答した方は18%でした。物価上昇の実感がない、または日々の暮らしへの影響はそれ程大きくないと考えている方も一定数いるようです。

「特に対策はしない」と答えた人の回答例

・対策を取らなければいけない程の影響はないからです。

  ー 50代男性(年収900万円~1,200万円)

・物価は変動するものなので、今までそれを念頭において生活しています。

 今さら、特に焦ることはないと思っています。

  ー 30代女性(年収500万円~700万円)

・今のところ対策の必要性を感じていないし、もともと外食等もあまりしないため。

  ー 30代男性(年収500万円~700万円)

・これまで通りの生活はできるので、特別対策は取らない

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・物価が上昇している実感が無いのでいつもと同じ生活を送ります。

  ー 40代男性(年収700万円~900万円)

・今のところの収入でなんとかやっていけているので

  ー 40代男性(年収~300万円)

・対策するといっても、何をしたらいいか分からない。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

「収入を増やす」と回答した方は、どのように収入を増やそうと考えていますか?

収入を増やす手段について、46名が「副業」、27名が「投資」、4名が「自己投資」と回答しました。それぞれ、具体的な内容についても聞きました。

収入を増やすための対策

【1】副業をする

・副業として土日やすきま時間に仕事をしています。 

  ー 30代女性(年収~300万円)

・webデザインスキルを活かしたHP作成業務。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・副業と呼べる程ではないないが、クラウドソーシングを始めた。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

・パソコン1つでできるWebライティングや動画編集等で収入源を増やし、それを株式投資や投資信託に回す。

  ー 30代男性(年収500万円~700万円)

・本職の合間にできる副業を探している。現状はライターやデータ入力が主だが、継続的に仕事を探して出来ることも収入も増やしていきたい。

  ー 20代女性(年収~300万円)

【2】投資をする

・コロナで在宅時間が増えたので、株について勉強した。今後上がるであろうと思われる株を購入した。

  ー 30代男性(年収500万円~700万円)

・積立NISAなどの国の制度をしっかり利用する。

  ー 20代女性(年収300万円~500万円)

・まずは今ある資産に働いてもらって収入を増やします。また、本業の収入増が見込めないので、副業で複数の収入源を作ることも考えています。

  ー 40代男性(年収300万円~500万円)

・インデックス運用の投資信託を行い、積立をしている。

  ー 50代男性(年収700万円~900万円)

・メルカリで不用品を売ったり、つみたてNisaを始めるなど初心者でも出来るところからまずは始めている。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・積立NISAやiDeCoなどを利用して節税しつつ、資産価値を増やしていく。

  ー 30代男性(年収300万円~500万円)

【3】自己投資をする

・国家資格の危険物取扱者甲種を取得する予定です

  ー 30代男性(年収300万円~500万円)

・資格を取ると手当がつくので取得する予定です。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・Webデザインスクールに通っています。

  ー 20代女性(年収~300万円)

「節約する」と回答した方は、どの項目で節約しようと考えていますか?

節約について具体的な項目を聞いたところ、「食費」が最も多く56名がそう答えました。

2番目に多かったのが、「服・アクセサリー」「趣味・娯楽費」でそれぞれ36名でした。

次いで、「水道光熱費」26名、「旅行」21名、「通信費」19名、「化粧品」16名という結果に。「住居費」と回答した方は1名のみ、節約項目として「教養費」を選んだ方はいませんでした。

各項目を回答した方に、詳細を聞いた内容を以下にまとめます。

節約項目しようと思う項目

【1】食費

・食事は、買い物に行く回数と在庫を減らした。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

・ランチは700円以内で心がけています。

  ー 20代男性(年収500万円~700万円)

・日々の食費。安いもやしなどでかさまししたりする。

  ー 20代女性(年収300万円~500万円)

・食費が一番簡単で毎日のことなので、やりやすい。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・近くのスーパーで安いところを探して、食品を購入します

  ー 20代女性(年収700万円~900万円)

【2】服・アクセサリー

・洋服も、子供が多いので1人1着ずつ買うのを我慢したらかなりの節約になります。

  ー 40代女性(年収300万円~500万円)

・今までは毎月洋服を買っていたがそこを見直すのと、買う場合の値段を落とすことにしています。

  ー 30代女性(年収500万円~700万円)

・服はなるべく買わない。

  ー 40代男性(年収700万円~900万円)

・服は必要最低限あれば良いので着回しの効く服を残して処分、3年くらいは同じ服でやっていけます。傷んできたり、年齢的に厳しくなってきたら必要数だけ買い替え。オールシーズン着られるものを多めに用意しています。

  ー 20代女性(年収~300万円)

【3】趣味・娯楽費

・外食や嗜好品などの贅沢品や不要な出費を見直す。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・これまでドライブや外食が趣味でしたが、お金のかからないネットフリックスや園芸などの趣味に替えて、節約している。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・趣味や娯楽、とくに消え物系の娯楽(酒、外食)などの費用を抑えます。

  ー 30代男性(年収900万円~1,200万円)

・化粧品と服・アクセサリーは必要になったら買うようにして普段は買わない、旅行と娯楽はYouTubeですましています。

  ー 30代女性(年収~300万円)

【4】水道光熱費

・水道光熱費は家族で節制に努めて、スマホ代など固定費は安くなるように見直したい。

  ー 50代男性(年収500万円~700万円)

・こまめに電気のスイッチを切る。外出しないので洋服などは買わない。

  ー 50代男性(年収~300万円)

・エアコンの暖房機能は使わないで、コタツだけで過ごすようにしています

  ー 40代男性(年収~300万円)

・無駄なものは買わないよう心掛けています。光熱費に関しても、なるべく温度設定を低くしたり、無駄な水を使わないなどの意識をするようにしています。

  ー 30代女性(年収~300万円)

・エアコンの温度を上げすぎず、一枚羽織るか加湿器で加湿する。

  ー 20代女性(年収~300万円)

【5】旅行

・旅行は、コロナがなかなか収まらないことと相まって、特に旅行をしなくても困らないと考えて旅行費を節約して、他の項目の予算に回したいからです。

  ー 50代男性(年収500万円~700万円

・コロナもあるが旅行に行かないことで節約できる。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

【6】通信費

・通信費はキャリア携帯から格安スマホに変更し、水道光熱費は日々の節約をしています。

  ー 50代男性(年収500万円~700万円)

【7】化粧品

・化粧品はプチプラに変えました。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

今後の物価についてどう思いますか?

ここからは、今後の予測についてアンケートを実施した内容です。

まず、今後の物価が上昇するか下落するかについて。

6割強の方が「このまま上がる」と回答していますが、それぞれで見立てた理由もあわせてご紹介します。

今後の物価についての回答例

【1】物価がこのまま上がると回答した理由

・物価が下落するきっかけがわからないから。景気が良くなる気もしない。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・どこまでも上がりそう。何も対策がないイメージがある。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・これまで物価が下がったことがないから今後も下がらないと思う。

  ー 20代女性(年収300万円~500万円)

・燃料代が上昇しているので下がらないと思う。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・これまで日本の物価は多大なる企業努力によって低く支えられてもらっていたと感じている。世界中でインフレが起こり日本もそうなった今、これまでのツケを含めて一気に物価上昇が加速すると考えている。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・日本以外の国も上がり続けているから、日本も上がっていく。

  ー 20代男性(年収300万円~500万円)

【2】一度上がるが落ち着くと回答した理由

・コロナが落ち着けば経済がまた回り始めると思っています。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・米国市場が最高値をつけ続けているので、一度リセッションしたらまた落ち着く。

  ー 50代男性(年収500万円~700万円)

・コロナの影響で上がっているとも思うので、コロナが落ち着いてきたらと考えました。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

・上がり続けると、政府が介入して調整するのでは?という甘い見込みから。

  ー 40代男性(年収700万円~900万円)

・落ち着かないと自分だけにか変わらず多くの人が困るので、そうなる前に政府が対策をしてくれる事を願っているからです。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・上がり続ける理由が見当たらないし、賃金上昇がない限りこのまま物価だけ上がられても困るので落ち着いてもらいたい

  ー 20代女性(年収~300万円)

・世界中の物流がまた元に戻ってきたら、落ち着くと思う。

  ー 40代女性(年収~300万円)

【3】一時的に上がるが、また元の水準まで下がると回答した理由

・コロナ、不安定な世界情勢等で経済界が悪化しているが、いずれ必ず落ち着く日がくるから。(もしくは慣れるから)

  ー 30代男性(年収500万円~700万円)

・日本の現状、給与が上がらないため、物価が上がると余計に経済が回らなくなる。政治が何か対策をすると思う。

  ー 30代男性(年収500万円~700万円)

・コロナが落ち着いたらまたもとの水準に下がると思う。ほとんど希望的観測です。

  ー 30代女性(年収:~300万円)

・正直わかりませんが、アメリカの株価やFRBの決定次第だと思います。

  ー 40代男性(年収~300万円)

・コロナ状況が日々変わるのでそれに付随して物価の浮き沈みがあると思う。

  ー 30代女性(年収500万円~700万円)

コロナが落ち着いたら積極的に消費しようと思いますか?

最後に、物価上昇トレンドのなかでの消費意欲についてもアンケートを取りました。

コロナ(オミクロン株の流行)が落ち着いて、自由に行動ができるようになったら、お金を積極的に使いたいと思うかという内容です。

47名というほぼ半数の人が「積極消費はせず、貯蓄や投資をする」と回答しました。

「コロナが落ち着いたら外食や旅行に行く頻度を増やす」と回答した方が35名と、「補助があれば、積極的に消費する」と回答した26名より多いことをふまえると、物価上昇で消費意欲は下がっているものの、コロナ渦自粛によるリベンジ消費も見込めるようです。

それぞれの回答について、具体的には以下のような声がありました。

コロナ(オミクロン)後の消費についての回答例

【1】積極消費はせず、貯蓄や投資をすると回答した理由

・積極的に使うより、将来のことを考えて貯蓄や投資をしていき少しずつでも資産を増やしていった方が良いと思うため。

  ー 20代男性(年収~300万円)

・子供の養育や将来的に家を持つ際のローン等を考えると貯蓄を優先したい。

  ー 30代男性(年収900万円~1,200万円)

・将来のことを考えると、浮ついた消費などしていられない。

  ー 50代男性(年収500万円~700万円)

・このまま落ち着いてしばらくは投資などに取り組む方向だけかなと。なかなか貯金ができなくなってきていますので、将来のことも考えて万が一のこともありますし、消費は二の次になりそうです。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

・もともと、外食や旅行へはあまり行きません(誘われれば行く程度)。洋服などはたまに欲望の赴くまま購入したくなりますが、基本的に貯蓄していくという姿勢は崩しません。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・これから先も何があるかわからないからとりあえず貯めるだけ貯めておく。

  ー 30代女性(年収~300万円)

・これから子供にお金がかかるのでできるだけ節約を心がけたい。

  ー 30代女性(年収~300万円)

・老後資金の問題もあるため、今は少し貯金や投資に重点をおきたいと思っています。

  ー 40代男性(年収700万円~900万円)

・元々あまり消費しない性格なので、コロナが落ち着いても変わらないと思います。

  ー 20代女性(年収~300万円)

【2】コロナが落ち着いたら外食や旅行に行く頻度を増やすと回答した理由

・コロナが落ち着いたら、今迄我慢してきた分、外食や旅行などを楽しみたい。また、そうする事で観光業などの支援にも繋がると思う。

  ー 50代男性(年収500万円~700万円)

・家族とも話していた旅行の計画がずっと延びているので落ち着いたら行きたいです。

  ー 40代男性(年収500万円~700万円)

・今まで我慢してきたので、節約しつつも外食や旅行に行きたい。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

・いつまでも巣ごもりをしているのも人生がもったいないから。

  ー 40代男性(年収900万円~1,200万円)

・コロナが流行しだしてから旅行には行っておらず、外食の頻度も減らしているので。落ち着いたら今までの分も旅行や外食の頻度を増やしたい。

  ー 30代男性(年収500万円~700万円)

・しばらく自粛生活が続いているので、落ち着いたら気晴らしがしたいです。

  ー 30代女性(年収~300万円)

・コロナが流行してから、子どもも大人も我慢ばかりしているから、気分転換したい。

  ー 20代女性(年収~300万円)

【3】補助があれば、積極的に消費すると回答した理由

・極端に増やすことはないと思いますが、Go Toなどのお得なものがあるとやはり利用したくなる。

  ー 20代男性(年収500万円~700万円)

・今度も何があるかわからないため、貯蓄は続けて補助があれば積極的に行動しようとおもう。

  ー 30代男性(年収500万円~700万円)

・旅行などは我慢しているので、Go Toの補助等が出れば積極的に行きたいと思っている。

  ー 40代女性(年収500万円~700万円)

・補助があればその分は贅沢してもいいかなという気になるから。

  ー 30代女性(年収300万円~500万円)

・コロナ禍を機に無駄な外出をしたいと思わなくなったから。旅行は好きだけど高いので、Go Toなどの補助があれば頻度を上げたい。

  ー 30代女性(年収~300万円)

まとめ

会社員100名を対象にアンケートを行った結果、物価上昇を実感している人は87%でした。

そんな物価上昇トレンドのなか、対策をとると回答した人は82%とこちらも高い割合。

収入を増やす手段や節約項目の詳細についても、興味深い結果に。

コロナ渦が収束しても「積極消費はせず、貯蓄や投資をする」と回答した人は、47名と半数近くいました。これは、前回の「「令和版所得倍増計画」もし本当に所得が2倍になったら何に使う? 」のアンケート結果でも「投資」が1番人気だったことをふまえると、納得のいく結果でしょうか。

皆さんは、今後の物価についてどうお考えですか?

share facebook twitter line

東京の高級中古/リノベーションマンションを探す

Property search

「エリア」から探す

「行政区」から探す

人気の「駅」から探す

カテゴリーから検索

pagetop