リノベーションマンション 買い時のタイミングとは?2020年03月25日

新築マンションが高値止まりする中、注目されているのがリノベーションマンションです。新築よりも価格が抑えられていることが多いうえ、部屋は新築物件のような美しさがあります。

また、中古マンションは新築マンションのように何戸も売り出しているわけではなく、基本的には一点モノです。そのため、良い物件に出会えたときこそ買い時かもしれません。今回は、リノベーションマンションのメリットや、買うべきタイミングについて詳しく紹介します。

そもそもリノベーションマンションとは

リノベーションマンションとは、中古マンションにおける設備や床などを新しくリフォームして売り出しているマンションです。基本的には、中古マンションを不動産会社が買取り、リフォームを手がけてから、再び売り出すということが多いです。

リフォームされる場所は、部屋の天井や内装を一新するのはもちろん、キッチン周りやトイレといった水回りもリフォームされていることが一般的です。これにより、中古マンションを買うよりも内装が美しく、自分でリフォームする必要がないことから、リノベーションマンションはとても人気が高まっています。

リノベーションマンションのメリット その1

リノベーションマンションの最大のメリットは「価格を抑えつつ新築のような物件が手に入る」という点です。

マンションが飽和状態になっている現在、中古マンションなら多数売られているものの、その内装の古さが気になる人も多いでしょう。しかし、リノベマンションなら、中古物件のような予算でありつつ、内装は新築マンションとほとんど変わらないメリットがあります。

しかも、リノベマンションは日々進化しています。昔は壁や天井のリフォームが中心だったものが、いまでは押入れがウォーキングクローゼットへ、古いキッチンコンロがIH対応キッチンへなど、新築マンションとほぼ変わらない設備が整っていることも多いのです。

メリットその2 瑕疵担保責任がついている

意外と知られていないのが、リノベマンションでもきちんと「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)がついている」という点です。瑕疵担保責任とは簡単にいうと、住むリノベマンションに何らかの不具合が生じた場合、売主である不動産会社が責任を持ってくれることです。

リノベマンションの多くは不動産会社が売主となっており、瑕疵担保責任は最低2年間ついていることが多いです。これにより、リフォームされた部屋で雨漏りや電気系統トラブルが生じた場合は、保証期間内であれば無償で修理をしてもらえるケースもあります。中古物件に生じやすい欠陥に対しても、多くの建物には瑕疵担保責任が定められているため、ある程度安心することができるでしょう。

メリットその3 リフォーム後の姿を確認できる

リノベマンションは「リフォームした状態を確認できる」というメリットもあります。いまはDIYが流行っていることもあり、なかには中古マンションを自らリフォームする人も少なくありません。しかし、自分でリフォームをすると、完成した姿がイメージとは違ってしまうこともあります。

その点リノベマンションなら、すでにリフォームされた部屋の内装を確認することができ、どの程度設備が整っているのかも分かります。また、リフォームは当然ながらプロが対応しているため、素人が行うDIYよりもキレイであり、失敗がありません。はじめからリフォームした状態を確認できることにより、自分の理想とするマンションをしっかりと選ぶことができます。

どのような人にリノベーションマンションは合っているか

リノベマンションはどの世代の方にもおすすめできますが、特に次のような方に需要が高まっています。

・マンションの外観よりも内装を重視する人
・新築マンションより予算を抑えたい人
・自分で修理やリフォームをするのが苦手な人
・どのような住人が住んでいるか知りたい人

リノベマンションの場合、新築マンションとは違って、入居者全員が新しい住人ということは少ないです。そのため、ある程度どのような住人が集まっていて、管理体制はどのようになっているのか、あらかじめ知ることもできます。

そういう点では、入居後の人間関係におけるトラブルや、共用設備の使い方が分からないといったことは少ないでしょう。昔から住み心地が良いといわれる安心したマンションに住みたい人にも、リノベマンションはおすすめです。

いつ購入する!?リノベーションマンションの買い時

近年における首都圏の新築マンションの値段は、建設業界の人手不足といった要因もあり、高止まりしています。その平均価格はおよそ6,200万円といわれており、これはバブル期を彷彿させる水準です。

その一方、中古マンションの平均価格は3,400万円であり、新築マンションのおよそ半値です。リノベーション費用として1,000万円が追加されても4,400万円なので、新築マンションを買うよりもだいぶ安いことが分かります。

新築マンションが近年暴落することは考えにくいため、リノベーションマンションであればいつでも新築マンションより3割ほど安く購入することができるでしょう。

オリンピック後に購入するのはお得か

マンションの買い時で常に話題になるのが「オリンピック後には安くなるのでは?」という憶測です。

しかし、過去のオリンピック開催国を例に見ると、どの国でもオリンピック後に住宅価値が下がるというケースは見られませんでした。東京も含め、オリンピック開催地というのはその国を代表する都市部です。そのため、オリンピックが終わったあとでも商業不動産や住宅地としての需要は高く、住宅価値はオリンピックが終わったあとも高いことが予想されます。

そのため、すでに良いリノベマンションを見つけてあるが「オリンピック後にはもっと値段が下がるかも」として、購入をやめてしまうのは考えものです。良いリノベマンションを見つけたら、今後の不動産価値が下がるのを期待するのではなく、その場が買い時であることも考えておきましょう。

中古マンション市場は安定している

首都圏を中心に、新築マンションの価格は緩やかに上昇し続けています。逆にリノベマンションといった中古マンションの価格は、ここ10年を見ても比較的安定しています。

新築マンションの場合、当然ながら一から建物を作らなくてはならず、建築業界の人手不足もあって値段が高騰しています。コロナウィルスの影響は懸念しつつも、投資需要も基本的には上昇基調にあるため、新築マンションはこれからも上昇する可能性があるのです。

その点、中古マンションの場合はすでに建設されているものを売るわけであり、建築業界の人件費もさほど掛かりません。また、すでに好立地の場所に建てられているマンションもかなり多いので、立地条件にこだわりのある人の場合、新築よりも中古マンションを好む傾向もあります。

これからマンション購入を検討するのであれば、価格推移の激しい新築マンションよりも、リノベマンションといった中古マンションを検討してみるのも良いでしょう。

購入タイミングは自分のライフスタイルに合わせて

結局のところ、いつリノベーションマンションを購入するのが良いのか。それは「自分のライフスタイルに合わせて」という一言につきます。

紹介しているように、中古マンションの場合、新築マンションに比べると、それほど価格推移が激しいわけではありません。ただ、新築マンションが高騰する状況に引っ張られており、20年前の価格に比べると中古マンションの値段も上がってきています。そうした状況を考えると、安くなるタイミングを待つのではなく、欲しいタイミングでリノベマンションを購入するのが良いといえそうです。

結婚をした、子供が生まれた、今の家が狭くなったなど、マンションを購入するタイミングは人それぞれです。自分に合った予算を考慮し、ライフスタイルに合わせてリノベマンションの購入を検討しましょう。

まとめ 買いたいと思ったときが買い時のタイミング

新築マンションは緩やかに値段が上昇していますが、中古物件であるリノベーションマンションは価格が比較的安定しているため、お買い得といえます。運命の部屋に出会えたら、そのタイミングが買い時ともいえるでしょう。

また、リノベマンションは日々進化しており、「こんなところまで新しくなっている!」という驚きもあります。もはや中古物件とは思えないマンションも多いので、新築にこだわる人も、一度リノベーションマンションを検討してみるのがおすすめです。