人気なキッチンの種類とは?メリット・デメリットから上手な選び方を徹底解説

リノベーション知識

2021.08.28

アルト第一ビルのキッチン

マンションを購入する際のキッチン選びは、とても慎重になってしまいます。購入後、実際に使ってみて調理や収納がしづらいといった事態は避けたいものですよね。また、キッチンのタイプやスタイルが豊富にあり、どの種類が自分たちに合っているのか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

この記事では、「キッチンのタイプとスタイル」や「人気なキッチンの種類や特徴とメリット・デメリット」などについて解説します。

この記事を参考にして、各キッチンタイプのメリット・デメリットを知り、自分のライフスタイルにあったキッチンを選びましょう。そして、より快適なマイホームを手に入れてくださいね!

キッチンは大きく分けて「対面式」と「非対面式」の2タイプ

たくさんの種類があるキッチンですが、大きく分けると「対面式」と「非対面式」の2つのタイプになります。ここでは、対面式と非対面式キッチンの特徴と、それぞれに該当するスタイル・種類について解説します。

対面式のキッチンとは

対面式のキッチンとは、リビングやダイニングと対面しているキッチンのことです。開放的な造りなので、キッチンで家事をしている間も、お子様やご家族、ゲストと会話がしやすいところが特徴です。

最近では、コミュニケーションの面だけでなく、機能面や実用面からも人気があり、対面式のキッチンを取り入れるケースが増えています。

対面式のキッチンには、「オープンキッチン」と「セミオープンキッチン」の2つのスタイルがあります。それでは、「オープンキッチン」と「セミオープンキッチン」の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

オープンキッチン

オープンキッチンとは、調理台やシンク、キッチンカウンターより高い壁がなく、天井からの吊戸棚も取り付けられていないキッチンのことで、「フルフラットキッチン」とも呼ばれています。

キッチンに立った際に遮るものがなく、リビング・ダイニングと一体感があり、開放的で見た目がおしゃれなので、人気があるスタイルのキッチンです。

オープンキッチンでは、シンク前のカウンター部分を広く取ってあることが多く、広いスペースを利用して食事スペースやバーカウンターなど、さまざまな用途に利用することができます。

セミオープンキッチン

セミオープンキッチンとは、調理台やシンクより高さのあるカウンターや吊戸棚を取り付け、キッチンとリビング・ダイニングとの間に、部分的に仕切りがあるスタイルのキッチンのことです。

オープンキッチンと同じように、キッチンに立った際、リビング・ダイニングを見渡せる反面、カウンターに高さがあることから、キッチンの中を隠すことができるという利点があります。

「キッチンとリビングの一体感や開放感も欲しいけど、ある程度の独立した空間も欲しい」という願いを叶えてくれるキッチンです。

非対面式のキッチンとは

非対面式のキッチンとは、キッチンとリビング・ダイニングが分かれているタイプのキッチンのことです。調理をしている方からリビング・ダイニングが見えない形になっているので、集中して調理をしたい方やキッチンの水はねや油はねの汚れが気になる方に人気のタイプです。

非対面式のキッチンには、「壁付キッチン」と「独立式キッチン」の2つのスタイルがあります。それでは、「壁付キッチン」と「独立式キッチン」それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。

壁付けキッチン

壁付けキッチンとは、昔からよく目にするスタイルで、リビング・ダイニングの1区画の壁に設置されているキッチンのことです。リビング・ダイニングとキッチンに境目がなく、対面式のキッチンに比べてスペースをあまり必要としません。そのため、部屋を広く感じることができます。

キッチンのすぐ後ろをダイニングという形にした場合、ダイニングテーブルまでの配膳もしやすく動線がよいのが特徴です。ダイニングテーブルを調理をする際の作業スペースにすることもできるので、コンパクトなスペースも有効的に活用できます。また、壁付キッチンは、設備の価格が安いというメリットもあります。

一方、リビング・ダイニングと同じ空間の中に、冷蔵庫や食器棚を設置することになるので、生活感がでやすくなります。リビングからキッチンの中が丸見えになるので、来客の際に気になる方も少なくないでしょう。

壁付キッチンは、壁側にキッチンの機能と収納が集められています。そのため、キッチンの横幅によっては、収納スペースが少なくなることもあります。

独立式キッチン

独立型キッチンとは、リビング・ダイニングとキッチンが完全に分かれて、キッチンが独立したスタイルのことです。独立型キッチンは、リビングと空間が区切られています。したがって、調理中の煙やにおいが広がりにくく、調理に集中できるのがメリットです。

マンションの場合、あまりキッチンにスペースが取れないことから、狭く感じることもあります。また、リビング・ダイニングの冷暖房が届きにくいので、キッチン内の温度管理に工夫が必要です。

リビング・ダイニングと分けられていることから、料理の配膳がしにくかったり、料理をしていると孤立しやすく、家族とコミュニケーションが取りづらかったりすることもあります。

しかし、リビング・ダイニングと分けられていることで、来客の際にはキッチンの中を隠せて生活感がでにくいので、気を使わなくてもよいというのは独立型キッチンの利点です。

種類別:人気なキッチンの特徴とメリット・デメリット

対面式と非対面式キッチンのスタイルと種類をまとめると、以下の表のようになります。

<キッチンの分類>

タイプスタイル種類
対面式オープンキッチンアイランドキッチンペニンシュラキッチン
セミオープンキッチンi型キッチンL型キッチン
非対面式独立式キッチンi型キッチンL型キッチン
壁付キッチンi型キッチンL型キッチン

※「i型キッチン・L型キッチン」は、「対面式・非対面式」の両方で設置可能です。

※壁付キッチンにアイランドキッチンやペニンシュラキッチンを設置した場合、「II型キッチン」と呼びます。

ここでは、人気なキッチンの特徴とメリット・デメリットについて具体的に解説します。

アイランドキッチンとは

アルト第一ビルのキッチン
キッチン

アイランドキッチンとは、独立したキッチンのことです。壁から離れた場所に設置され、島のように見えることから「アイランドキッチン」と呼ばれています。

アイランドキッチンは、対面式キッチンのオープンキッチンでのみ設置できます。オープンキッチンの中では代表的なシステムキッチンです。

それでは、アイランドキッチンのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

アイランドキッチンのメリット

アイランドキッチンの主なメリットは次の通りです。

・開放感がある

壁から独立し、リビング・ダイニングと対面しているアイランドキッチンは、調理をしながら部屋の中を見渡せるので、リビングとの一体感を感じることができます。また、コンロとシンクのどちら側も通ることができるので、配膳などもしやすいです。

・コミュニケーションがとれる

キッチンが対面式で仕切るものがないので、調理や家事をしながら、リビングやダイニングにいるお子様やご家族、ゲストとコミュニケーションがとれます。また、調理や食事の片付けをしながら、リビングのテレビを楽しむこともできます。

・複数人で調理しやすい

カウンター周りに壁のないアイランドキッチンは、回遊性があり、どこからでも調理に参加できます。そのため、複数人で楽しく調理をすることが可能です。

アイランドキッチンのデメリット

アイランドキッチンの主なデメリットは次の通りです。

・作業スペースが丸見えになる

開放感が魅力のアイランドキッチンですが、その反面リビングからキッチン全体が常に丸見えの状態になります。来客時にキッチンの上が片付いていない状態を見られたくない場合は、常々きれいな状態を保つことを心がける必要があります。

・コストがかかる

アイランドキッチンは、キッチンの4面すべてに化粧パネルが必要になります。そのため、他のキッチンよりも必要な部材が多く、その分コストがかかってしまいます。キッチンの構造上、自立できるようにしなければならないこともコストが上がる原因の1つです。

・広いスペースが必要な上に、収納が少ない

アイランドキッチンは、キッチンのスペースだけでなくリビングにつながる動線を2つ確保しなければなりません。そのため、間取りによっては設置できないこともあります。設置後のスペースをしっかり意識する必要があるでしょう。

また、壁から独立しておりキッチンの収納が少ないので、別にカップボードや吊戸棚の設置を検討する必要があります。

アイランドキッチンがおすすめの人

アイランドキッチンは、キッチンが部屋の主役になり大人数で過ごす時間を楽しめます。お子様やご家族と一緒に調理を楽しみたい方、ホームパーティーをよくする方におすすめです。

mitainaで掲載しているアイランドキッチン物件はこちら

https://mitaina.tokyo/feature/e%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%b32/

ペニンシュラキッチンとは

ペニンシュラキッチンとは、左右どちらかの面が壁に接している形で設置されているシステムキッチンのことです。

ペニンシュラは、英語で「半島」を意味しており、半島のように突き出て見えることから、ペニンシュラキッチンと呼ばれています。ペニンシュラキッチンは、対面式のオープンキッチンでのみ設置可能です。

それでは、ペニンシュラキッチンのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

ペニンシュラキッチンのメリット

ペニンシュラキッチンの主なメリットは次の通りです。

・開放感がある

対面式のペニンシュラキッチンは、キッチンに立つと目の前が開けているので開放感があります。シンク前のカウンターには奥行きがあり、調理の作業スペースにしたり、イスなどを置いてカウンターキッチンにしたり、さまざまな活用法があります。

・コミュニケーションがとれる

リビング・ダイニングと一体感があるので、キッチンにいながらお子様やご家族と会話しやすいところがポイントです。小さいお子様のいるご家庭の場合、調理中に何かトラブルが起きた際もすぐに対処できるので、安心感があります。

・設置しやすい

上記でも述べましたが、ペニンシュラキッチンは、キッチンの片面を壁に付ける形で設置します。そのため、限られたスペースでも設置しやすく、さまざまな間取りに対応できます。

ペニンシュラキッチンのデメリット

ペニンシュラキッチンの主なデメリットは次の通りです。

・収納が少ない

ペニンシュラキッチンは、キッチンの上部に吊戸棚などがないため、収納スペースが少なくなります。キッチンのスペースが十分にある場合は、背後に収納棚などを設置することもできますが、あらかじめ収納の計画を立てておく必要があります。

・ニオイや煙が広がりやすい

ペニンシュラキッチンは、調理中のニオイや煙がリビング・ダイニングまで広がりやすくなっています。換気扇を回してもなかなか解消できず、ソファーやカーテンにニオイが染みつく可能性があります。

・水はねや油はねが気になる

ペニンシュラキッチンは、水はねや油はねに注意が必要です。コンロの前に壁がないので、広範囲に油がはねやすくなります。設置する前に、油はねガードを取り付けるなど考慮しましょう。

ペニンシュラキッチンがおすすめの人

ペニンシュラキッチンは開放感があり、調理しながらリビング・ダイニングの様子が見渡せるので、小さいお子様のいるご家庭におすすめです。また、キッチンカウンターをさまざまな用途に活用したい方にも向いています。

i型キッチンとは

i型キッチンとは、コンロやシンク、調理スペースが横一列の配置になっているシステムキッチンのことです。i型キッチンは、「対面式キッチン」と「非対面式キッチン」のどちらも設置可能です。またi型キッチンは、デザインがシンプルでどんなキッチンにも馴染みやすいので、さまざまな住宅でよく見られる種類のキッチンになります。

それでは、i型キッチンのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

i型キッチンのメリット

i型キッチンの主なメリットは次の通りです。

・狭いスペースでも設置できる

i型キッチンは、設置するスペースが他の種類のキッチンと比べてコンパクトなので、スペースが限られている場所でも取り入れることができます。

・費用を安く抑えられる

i型キッチンは、キッチンの材料費や加工費が抑えられます。そのため、他のキッチンの種類と比較すると価格がリーズナブルなものが多くあります。

i型キッチンのデメリット

i型キッチンの主なデメリットは次の通りです。

・開放感がなく動線が悪い

セミオープンキッチンのi型キッチンの場合、オープンキッチン(アイランドキッチン)に比べてキッチンの中を隠せる一方、開放感がなくなります。また、吊戸棚があるとさらに開放感がなくなることも。

そして、横幅が長くなるにつれ横への移動が増え、動線が悪くなります。特に壁付きキッチンでのi型キッチンの場合、冷蔵庫や食器棚をキッチンの横に並べることがあるので、横への動線が伸びてしまいがちです。

・キッチンがダイニングから見える

壁付きキッチンでのi型キッチンの場合、リビング・ダイニングからキッチンが丸見えになります。来客がある際、見られたくないものを置かないようにしたり、こまめに片付けたりするなど、注意が必要です。

i型キッチンがおすすめの人

開放感はあまり求めていないけれど、リビングを見渡せるキッチンを希望される方やキッチンの収納が多い方がよいという方には、i型キッチンがおすすめです。

L型キッチンとは

L型キッチンとは、コンロやシンク、調理スペースがL字型の配置になっているシステムキッチンのことです。L型キッチンは、「対面式キッチン」と「非対面式キッチン」のどちらにも設置することができます。どのキッチンにするか検討する際に取り入れやすい種類の1つです。

それでは、L型キッチンのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

L型キッチンのメリット

L型キッチンの主なメリットは次の通りです。

・作業スペースが広い

L型キッチンは、2カ所の作業スペースがあり、人が立つスペースにも奥行きがあるので、複数人での調理や作業がしやすいのが特徴です。

・動線がよい

L型キッチンは、コンロとシンクが90度に配置され、さらに冷蔵庫との3点からなる「ワークトライアングル」という作業効率のよい形が造れるので、作業動線がよいとされています。

L型キッチンのデメリット

L型キッチンの主なデメリットは次の通りです。

・コーナーがデッドスペースになる

L型キッチンは、コンロとシンクが90度に配置されているので、コーナーがデッドスペースになってしまう場合があります。よく使うものでコーナーに置かない方がよいものは、調味料やキッチン用具などが挙げられます。

・広いスペースが必要

L型キッチンは、i型キッチンより広めのスペースが必要です。そして、冷蔵庫や食器棚の配置によっては、キッチンのスペースが狭くなってしまうことも。収納スペースが十分にあるか、事前にしっかり確認しておきましょう。

L型キッチンがおすすめの人

キッチンでの作業を効率よく進めたい方や作業スペースを広く使いたい方、また複数人で調理をする機会が多いという方には、L型キッチンがおすすめです。

ライフスタイルに合った素敵なキッチンを選ぼう

今回は、「キッチンのタイプとスタイル」や「人気なキッチンの特徴とメリット・デメリット」などについてご紹介しました。

キッチンには、さまざまなタイプやスタイル、種類があるので、まずはどのキッチンが自分たちのライフスタイルにあっているのかを知ることが大切です。

マイホームを購入した後に後悔しないためにも、しっかりリサーチをして使い勝手のよい満足のいくキッチンを選びましょう!

おしゃれなキッチンが人気のマンション探しはmitainaで!

share facebook twitter line
pagetop