アイランドキッチンのおしゃれなレイアウト事例と間取りをご紹介

リノベーション知識

内装・間取り

2022.05.03


おしゃれなアイランドキッチンを囲んでホームパーティー。憧れているけど、実際アイランドキッチンは使いやすいのか心配!という方も多いのではないでしょうか?

今回は、アイランドキッチンを設置するメリット・デメリットについてご紹介します。

アイランドキッチンを快適に使うためのアイディアや、おすすめのレイアウト事例も解説しますので、この記事を参考に、より理想的なマイホームを設計してくださいね。

<関連URL>

mitainaでは東京都心のリノベーションマンションを厳選して掲載しています。mitainaにしかないオリジナルコンテンツも多数掲載していますので、是非ご覧ください。

アイランドキッチンとはどんなキッチン?

アイランドキッチンとは、シンクや調理するスペースなどが独立するタイプのキッチンのことです。

「アイランド」という単語の意味通り、島のように壁から離れて設置されるので「アイランドキッチン」と呼びます。壁から独立しているためキッチンの両側からキッチン内に出入りでき、各方向から調理もできます。

アイランドキッチンは、対面式オープンキッチンの代表的なスタイルです。キッチンとリビングやダイニングとの間に壁や仕切り、収納スペースがなく向かい合う形です。

ペニンシュラキッチンとの違い

対面式のオープンキッチンには、アイランドキッチンの他に「ペニンシュラキッチン」があります。アイランドキッチンとペニンシュラキッチンの違いは、キッチンの左右どちらかが壁に接しているかどうかです。

ペニンシュラは、英語で「半島」という意味です。キッチンが壁から「半島」のように突き出ている形のキッチンをペニンシュラキッチンといいます。

アイランドキッチンを設置するメリットとデメリットを解説

アイランドキッチン①


アイランドキッチンは、部屋の中で独立しているスタイルのキッチンです。他のキッチンにはないさまざまなメリットがあります。それではさっそく、アイランドキッチンの主なメリットについて見ていきましょう。

アイランドキッチンを設置するメリット

メリット①空間に開放感がある

アイランドキッチンのメリットとして1番に上げられるのが開放感です。キッチンの周りをゆったりと1周できる、広々とした自由な空間があります。オープンキッチンなので、調理をしながら周りを見渡すことが可能です。

そのため、リビングやダイニングはもちろん、子どもやペットの様子など、さまざまなことに目が届き安心できるでしょう。また、1人でキッチンにこもらず、開放的な空間の中で調理や家事を楽しめます。

メリット②複数人で調理がしやすい

アイランドキッチンは、複数人で同時に調理することが可能です。キッチンのどの面にも壁や仕切り、収納スペースがなく回遊性のあるアイランドキッチンは、複数人でキッチンにいても窮屈に感じにくいでしょう。

また、四方どこからでも調理に参加できるので、家族の協力を得やすいところがメリットです。

メリット③コミュニケーションが取りやすい

アイランドキッチンは対面式のオープンキッチンなので、調理中も家族との会話が楽しめます。

視線を遮るものがないアイランドキッチンは、子どもがリビングで遊んでいる様子を見たり、テレビを見たりしながら調理できます。また、来客時にキッチンにいながらゲストとの会話を楽しむことが可能です。

メリット④自由にレイアウトしやすい

アイランドキッチンには、自由にレイアウトしやすいというメリットがあります。自分のライフスタイルに合わせて、コンロとシンクの位置や収納、ダイニングの位置などをさまざまなスタイルでデザインできます。

メリット⑤家事動線が確保しやすい

キッチンの周りに壁がなく全て移動スペースになるので、家事動線を各方面から確保できます。そのため、調理したものをダイニングに配膳する際や家族またはゲストに何か補助してもらいたい場合、スムーズに作業しやすいでしょう。

メリット⑥おしゃれな雰囲気を楽しめる

部屋の主役になるアイランドキッチンは、見せるキッチンとして空間を演出できます。おしゃれなキッチンアイテムやインテリアを置くなど、リビングとともにおしゃれな空間を作っていく楽しみがあります。

アイランドキッチンを設置するデメリット

キッチン事例


おしゃれで家族との距離も近くなるなど、メリットがたくさんあるアイランドキッチンにもデメリットがあります。それでは、アイランドキッチンの主なデメリットを見ていきましょう。

デメリット①広いスペースが必要

両サイドが動線になるアイランドキッチンは、通路にするための広いスペースが必要です。そのため、スペースに余裕のない住宅では、アイランドキッチンが設置できない場合もあります。

一般的なキッチンは、4.5畳分のスペースがあるとよいとされています。しかしアイランドキッチンは6畳程のスペースを必要とします。また、住宅のスペースに限りがある場合、リビングがせまくなる可能性もあるので注意が必要です。

デメリット②リビングからキッチンが丸見え

アイランドキッチンは見せるキッチンとしておしゃれなデザインですが、開放的で目隠しがないため、キッチンの様子が丸見えになります。お手入れや整理整頓などが苦手な方には、メリットだった部分が反対にデメリットになってしまうのです。

少しの汚れでも汚い印象になってしまい、キッチンの上や足元に荷物があると散らかった印象になり目に付きます。

デメリット③においが広がりやすい

アイランドキッチンは、周りに壁がなくダイニングやリビングと一体化した空間なので、調理をした際に発生する煙やにおいが拡散しやすいのがデメリットです。

また、アイランドキッチンでIHクッキングヒーターを取り入れている場合は、ガスコンロよりも上昇気流が弱いので煙やにおいが換気扇まで届かず、キッチン周辺に広がってしまいます。

そのため、高性能な換気扇の設置や窓の位置調整をするなど、換気をしやすい環境を造るための対策が必要です。

デメリット④収納に工夫が必要

壁面から独立したアイランドキッチンは、収納スペースの確保があまりできないのがデメリットです。キッチンを使いやすくするために、壁面やシンク下に収納スペースを確保することなどを検討する必要があります。

しかし、新たに収納スペースを増やすと、リフォームのコストがかかってしまう可能性もあります。

デメリット⑤汚れが飛びやすい

アイランドキッチンは、調理中の油や水、汚れなどが飛び散った際に、周囲にさえぎるものがないので防ぐことができません。

また、調理中の煙には油汚れが含まれています。拡散した煙にのって、部屋中に油汚れが広がってしまう可能性があるのです。

デメリット⑥他のキッチンより設置にコストがかかる

アイランドキッチンは壁面から独立しているので、前後左右の全ての側面に化粧パネルが必要です。そのため、他のキッチンよりも使用する材料が多くなり、コストがかかる傾向があります。

また、収納スペースを増やしたり、高性能な換気扇を設置したりしなければならない可能性があるので、さらにコストがかかるケースも少なくないでしょう。

アイランドキッチンを快適に使うための対策

アイランドキッチンを綺麗に使うための具体的な対策は?

アイランドキッチンでの調理作業を快適に行うためには、アイランドキッチンのデメリットを把握する必要があります。

しっかりとデメリットを把握しておけば対策もしやすいでしょう。ここでは、アイランドキッチンを快適に使うための対策を解説します。

・こまめに換気する

煙やにおいが拡散しやすいアイランドキッチンでは、高性能な換気システムを設置するのがよいでしょう。

キッチンの真上に大きめの換気扇を設置することで、調理中の煙やにおいがリビングに広がりにくくなります。また、こまめに換気することで、煙やにおいを気にせず快適に調理できるでしょう。

・油除けガードを使う

調理による油のハネや油を含んだ煙を防ぐには、油除けガードの設置がおすすめです。油除けガードは、レンジフードを覆うタイプや圧迫感の少ない背の低いタイプなど、さまざまな種類の中から選べます。

油除けガードは、適度に目隠しの役割もあるので、キッチンが多少散らかっていても丸見えになることを防げます。アイランドキッチンの開放感を重視したい場合は、ガラスなど透明のパネルを設置するとよいでしょう。

・収納スペースを確保する

収納スペースを確保するために、背面にカップボードや吊戸棚を設置するとよいでしょう。また、大きな調理器具や食料のストックを保管するためにパントリーを増設するのもおすすめです。

収納がリビングから丸見えになるのが気になる方は、引き戸を付けるなどの工夫をすると便利です。最近のシステムキッチンは引き出しがたくさん付いており、大容量の収納スペースがあるタイプも多くあります。

収納スペースの対策をする前に、今ある収納スペースで収納が足りているかどうかをしっかり考えてから対策しましょう。

・目隠しを設置する

キッチン内の散らかりや汚れなどへの視線が気になる場合は、キッチンのサイドに間仕切りドアや格子などを取り付けると、急な来客時でも安心です。

また、調理中の手元を隠したい場合は、立ち上がりのカウンターを設置したり、キッチンを腰壁で囲ったりするなどの工事を検討するのもよいでしょう。

アイランドキッチンを選ぶ際に注意をしたいポイント

いざアイランドキッチンの導入を検討しよう!と思っても、どのようなアイランドキッチンを選べば良いのか、不明な点も多いかと思います。

ここからは、アイランドキッチンを選ぶ際に注意したいポイントについて、ご紹介します。

おさえておきたいコンロの種類


アイランドキッチンは、キッチン部分が壁から独立しているのが特徴です。アイランドキッチンのコンロには、コンロ一体型とコンロ分離型の2種類があります。

・コンロ一体型

コンロ一体型とは、コンロとシンクがアイランド部分に両方設置されているキッチンのことです。一カ所に全てが集まっているので、作業動線がスムーズになります。

・コンロ分離型

コンロ分離型とは、コンロとシンクをアイランド部分と壁面のキッチンスペースに分けて設置するキッチンのことです。「アイランド部分にシンクと作業スペースがあり、壁面にコンロがあるタイプ」と反対に、「アイランド部分にコンロがあるタイプ」のキッチンがあります。コンロとシンクが別なので、複数人での作業がしやすくなります。

収納力が高いタイプを選ぶ

アイランドキッチンの収納不足問題は、アイランドキッチンユーザーの頭を悩ませることが多いもの。
そのため、なるべく収納力が高いタイプのアイランドキッチンを選ぶのがおすすめです。引き出しの数や扉の多さだけでなく、リビング・ダイニング側にも収納スペースがあるタイプなら、大容量収納が叶います。

調理に関する騒音が解消できるか

アイランドキッチンのデメリット、というほどでもないですが、部屋の広さによってはキッチンの騒音が気になるケースがあります。
中でも、洗い物の際に水がシンクを叩く音と換気扇や食洗機が回る音は、気になる人が多いようです。
アイランドキッチンを選ぶ際には、これらの対策がされているタイプを視野に入れたほうが良いでしょう。シンクは「静音」「サイレント」などと呼称がついているものであれば、安心です。

アイランドキッチンをさらに便利に!おすすめの間取り・レイアウトプラン

アイランドキッチンを導入するなら、より便利に使えるような工夫も取り入れたいところ。アイランドキッチンの良さが光るおすすめの間取り・レイアウトプランについてもご紹介します。

キッチンの対面にダイニングを設置する


キッチンの対面にダイニングを設置すると、キッチンで調理をしながら子どもがダイニングテーブルで勉強したり遊んだりしている様子を見ることが可能です。また、料理をしながら家族との会話を楽しめます。

しかし、配膳をする際にキッチンの反対側に回らないといけないので、配膳するものを仮置きできるスペースを確保する必要があります。ただし、家族などに配膳を手伝って貰う場合は問題ないでしょう。

キッチンと横並びにダイニングを設置する

キッチンとダイニングの移動は何かと多いですが、横並びに設置すると配膳や片付けがスムーズです。また、無駄な動線スペースをなくすことができます。

キッチンとダイニングの2つ分の間取りが1つになり、余ったスペースをリビングの空間として活用できるので、食事の時間もくつろぐ時間もより快適に過ごせるレイアウトになるでしょう。

キッチンとカウンターテーブルを一体化する


住宅のスペースが限られていて、住人の数がカウンターテーブルに収まる場合、カウンターテーブルをアイランドキッチンと一体化させたタイプにするのもおすすめです。ダイニングテーブルを置かなくてよいので、その分のスペースを他に活用できます。

また、ダイニングテーブルまでの往復の動作を少なくでき、配膳や片付けなどがスムーズに行えるので、家事のストレスが軽減するでしょう。

背面に作業スペース・収納棚を確保する

アイランドキッチンの背面のレイアウトにも、意識を向けてみましょう。アイランドキッチンの背面は何も置かず、壁だけにすることで、カフェ風のおしゃれなイメージになります。しかし実用性を求めるのであれば、作業スペースや収納棚があると便利です。
作業スペースが背面にあると、2人以上での調理もしやすくなります。さらに、調理に使用する食材の一時置き場として活用するのもおすすめです。その時に使う食材をまとめて作業台に置いておけば、その都度、冷蔵庫から取り出す→しまうを繰り返さずに済み、調理にかかる動線が少なくなります。
また、アイランドキッチンの収納力不足を補うのには、収納棚が必須。背後に置けば、移動距離も少なくすぐに取り出せます。
これら2つのアイテムは、アイランドキッチンとセットで販売されているものも多いため、デザインを合わせて選ぶと良いでしょう。

左右の壁との距離は80cm以上の余裕を持つ

本来、人ひとりが通行するのに必要な幅は60cm程度とされています。しかしアイランドキッチンでは、できあがった料理や片付けるためのお皿を持って移動することを考えると、60cmではやや狭さを感じてしまうでしょう。
そのため余裕を持って、両側のスペースは80cmずつ確保するのがおすすめ。
左右合計で160cmの余裕がキッチン本体の長さに加えて必要になることを踏まえたうえで、アイランドキッチンを選んでみてください。

シンク・コンロ・冷蔵庫の距離を考える

台所仕事を効率良く行うには、シンク・コンロ・冷蔵庫の距離を「ちょうど良い」と感じるように調整することが大切です。

この3点の距離は「ワークトライアングル」と呼ばれるもの。ワークトライアングルそれぞれの距離は2〜3歩ほどであれば、調理動作がスムーズになります。

アイランドキッチンの開放感を活かそうと、空間の真ん中にシンクやコンロを設置した結果、冷蔵庫までの距離が離れてしまった、という失敗例は少なくありません。「アイランドキッチンでおしゃれな空間作りができたものの、使いづらさを感じる」といったことにならないよう、台所仕事の基本であるワークトライアングルにも意識を向けてレイアウトをしてみましょう。

アイランドキッチンをもっとおしゃれに見せるポイント

アイランドキッチンがある空間はそれだけでもハイセンスな印象ですが、工夫を加えることでさらにおしゃれに変化します。

アイランドキッチンをよりおしゃれに見せるためのポイントについて、把握しておきましょう。

視線が抜けるように家具の背は低く

アイランドキッチンの大きな魅力は「開放感」です。壁付けや個室型キッチンと違い、部屋のどこから見ても視線を遮るものがないことで、空間に広さと奥行きを感じられるようになります。

しかしいくらアイランドキッチンに開放感があっても、家具のせいで圧迫感が生じれば、伸びやかな印象が損なわれてしまうでしょう。

アイランドキッチンが持つ開放感を最大限に活かすために、キッチン以外の家具はなるべく背が低いタイプを選び、視線の抜けを邪魔しないようにしましょう。

キッチンのカラーはリビングとバランスを合わせる

おしゃれな印象をアイランドキッチンに残したいのであれば、キッチンのカラーにもこだわってみてください。 

アイランドキッチンの色は部屋のコンセプトカラーと同じにすれば、統一感が生まれます。一方で、あえて色味を外すことで、アイランドキッチンをアクセントとする上級テクニックを取り入れるのも◎。例えば、モノトーン調のインテリアに真っ赤なアイランドキッチンといった組み合わせにすれば、印象的なリビング空間になるでしょう。

また、キッチンの色味に合わせて、家電や背面収納などの色味を揃えるのも、おしゃれに見えるアイデアです。

水栓金具・取っ手デザインにもこだわろう

アイランドキッチンの水栓金具や取っ手のデザインは、小さい部分ながらも、アイランドキッチン全体の印象を左右します。

例えば、金の水栓金具・取っ手はアイランドキッチンをゴージャスなイメージに。シンプルなデザインのアイランドキッチンでも金具・取っ手がカラフルだと、垢抜けた印象になります。

小さな部分にこだわりを加えて「ワンランク上のおしゃれなキッチン」というイメージを作ってみましょう。

フルオーダーで細かい部分まで一から作成をしても良いですが、予算を抑えたい場合は、既製品のキッチンを導入して取っ手や金具だけ付け替える方法も検討してみてください。

手元を照らす照明もインテリアの1つ

アイランドキッチンのスタンダードなレイアウトとして、キッチン上部に手元を照らすペンダントライトの設置が挙げられます。

このペンダントライトのデザインも、キッチン全体のイメージを左右する重要なもの。

必要なだけの明るさを発せられることに加えて、キッチン空間がおしゃれに見えるかどうかも重視して、ライトを選択してみてください。

かける収納・見せる収納に工夫を取り入れる

アイランドキッチンの収納力アップにかかせないのが、掛ける収納や見せる収納です。おしゃれなアイランドキッチンを実現したいのであれば、これらの収納の方法にも工夫を取り入れてみましょう。

例えば、見せる収納には植物を一緒に飾ったり、収納する容器をおしゃれなデザインにしたりと、実用性だけでなく装飾性をプラス。掛ける収納も同じように、飾りもののアイテムを下げたりフックのデザインにこだわったりしてみましょう。

他にも、「三角形」をイメージして背が低い→高い→低いの順で並べるのも、収納をよりおしゃれに見せるアイデアです。ぜひ意識して取り入れてみてください。

アイランドキッチンが向いている人

最後に、どんな人がアイランドキッチンに向いているかを解説します。アイランドキッチンに向いているのは次のようなタイプです。

・ホームパーティーや複数人で料理をする機会が多い人

複数人で作業しても余裕のあるアイランドキッチンは、ホームパーティーをよくする人に向いています。キッチンでパーティーの準備をしながら、ゲストと会話を楽しむことができます。

・家族とのコミュニケーションを大切にしたい人

アイランドキッチンはリビングやダイニングと一体感があり、キッチンに立ちながら家族との会話などを楽しめます。また、家族で協力して食事の準備をしたい人にも向いています。

・おしゃれでスタイリッシュなキッチンにこだわりのある人

開放感があり、デザイン性にも優れているのがアイランドキッチンの特徴です。インテリアにこだわりがあり、常にすっきりしたスタイリッシュなキッチンをイメージしている人に向いています。

・収納や片付けが得意で好きな人

キッチン全体が丸見えになるため、掃除や収納、片付けが得意で常にきれいな状態を維持できる人に向いています。

アイランドキッチンは、おしゃれで開放的なキッチンですが、常にお手入れの必要があるキッチンです。こまめな整理整頓が苦手な人、また調理中は集中していたい人には向いていません。

アイランドキッチンに向いていない人には、対面式ならペニンシュラキッチン、または非対面式のキッチンがおすすめです。アイランドキッチン以外のキッチンをお探しの方は「人気なキッチンの種類とは?メリット・デメリットから上手な選び方を徹底解説」の記事もご覧ください。

アイランドキッチンの間取り・レイアウト事例

キッチン横に収納を備えてデメリットを軽減!


『参考事例 開放感あふれる30帖超のLDK』

こちらのお部屋には存在感のあるアイランドキッチン。レンジフードやダクトレールがブラックなので空間のアクセントになっています。おしゃれな見た目ですが、アイランドキッチンは収納スペースが少なくなってしまうというデメリットが。。しかし、こちらのキッチンには横に収納スペースが造られているので食器や保存食品などが収納できるようになっています。

対面にダイニングスペースを設置!背面にはカップボードも!


『参考事例 都心の利便性と緑豊かな住環境を享受する』

こちらのアイランドキッチンはダークトーンでまとめられ、高級感漂うアイランドキッチンです。美しい見た目で空間の主役になっています。また、対面にダイニングスペースを配置しているので、料理をしながらコミュニケーションも取りやすくなっています。さらに、背面にはカップボードが備え付けられているので収納スペースもしっかり確保されていますね。

横移動で動線を楽に

『参考事例 光を取り込む住まい』

こちらはウッド調でナチュラルな雰囲気のアイランドキッチンです。ダイニングスペースと横並びに配置してあるので動線が最小限することができます。料理や配膳が効率良くできそうですね。また、横並びだとリビングスペースとの空間分けもしやすくなるので◎。窓が近くにあって明るさも感じて気分よくお料理できるのではないでしょうか。

ダイニングテーブルとしても使える!


『参考事例 キッチンが主役の1LDK』

こちらのアイランドキッチンは天井の木目が雰囲気を良くしてくれています。また、カウンタースペースが広めに取られているのでダイニングテーブルとしても使うことができます。バーカウンターとしても使えるので様々なシチュエーションに向いていますよ。コンパクトなお部屋に採用するとダイニングスペースが減り、リビングスペースが広く使えるので◎。

まるで家具のようなアイランドキッチン

『参考事例 視線を繋ぐガラス扉』

まるで家具のようなアイランドキッチン。こんなキッチン誰しも憧れますよね。ブラックで統一されたグースネックの水栓、レンジフードなどすべてがおしゃれ。食器や調理器具もおしゃれな物で揃えたくなりそうです。また、背面にある収納も飾り棚のようですね。

アイランドキッチンについて知り、キッチン選びに活かそう!

今回は、アイランドキッチンのメリットやデメリット、アイランドキッチンを快適に使うための対策、おすすめのレイアウトなどについてご紹介しました。

おしゃれで開放的な印象のアイランドキッチンに憧れを持つ方も少なくないでしょう。アイランドキッチンのメリットやデメリットを把握して、自分のライフスタイルに合っているかどうか、しっかり検討して快適なキッチンを見つけましょう。

「mitaina」では、おしゃれなマンションの紹介をおこなっています。

《関連記事・物件一覧》
ペニンシュラキッチンとは?デメリットと後悔しないためのポイント・人気のレイアウト事例も解説
おしゃれで使いやすいキッチンリノベーションのポイント!費用相場や注意点・事例についても解説
おしゃれなアイランドキッチンが人気のマンション一覧はこちら!
・ゆったりとした15畳以上のLDKの部屋一覧はこちら
都内で希少な90平米以上の部屋一覧はこちら
人気の70㎡から89平米の部屋一覧はこちら
・現在のお住まいのマンション売却をご検討の方はこちら

share facebook twitter line

東京の高級中古/リノベーションマンションを探す

Property search

「エリア」から探す

「行政区」から探す

人気の「駅」から探す

カテゴリーから検索

pagetop