中古マンションは「水周り」に注目!お金のかけどころの考え方とは?

豆知識

2020.01.08

中古マンション・リノベマンションの購入を検討しているけれど、

「中古マンションを購入して自由にレイアウトを決めるフルリノベを考えていたのに、制約が多すぎて全然思ったように進まないという話を聞くと怖くなる…。」
「内見すると、どれもキレイに見えるリノベ済みマンション。でも友人に、「実は質の良さに結構違いがあるのよ」と言われたけれど、自分の見る目に正直自信がない…」

こんなお悩みを抱えて悩んでいる方が少なくありません。

確かに、マンションの「質の良さ」を決めるポイントはたくさんあります。そのなかで、ココだけは押さえておきましょう!とオススメしているのが「水周り」の設備です。

なぜ中古マンションを購入する際は「水周り」に注目すべきなのか?について解説します!

洗面室

中古マンション&リノベマンションで水周りをチェックするべき理由とは?

トイレやお風呂、キッチンはそれぞれに専業のメーカーがあり、機能性やデザイン性は年々向上しています。それだけに、家に関する費用のなかでも「ピンキリ」になるのがこの水周り設備です。

レイアウト図面では、普及価格帯の一般的なトイレなのか、最新洗浄機能の付いた上位機種なのかはわかりません。換気扇のダクトが視界を遮ってしまっているか、スッキリと整っているかもわかりません。浴槽の湯量や浴室乾燥機の有無も生活に大きな影響がありますが、それももちろんわかりません。

良い設備を入れれば、当然価格に反映されます。

できるだけ安価な設備をそろえ、全体の価格をとにかく下げる方針で設計されたのか、手配に工夫をして良い設備を要所に取り入れる方針で設計されたのかで、リノベ済みマンション購入後の暮らしやすさは大きく異なります。

水周りの設備ならばほぼ「型番」を調べることが比較的簡単にできます。
型番さえわかれば、その設備の仕様書を確認したり、リフォーム時の流通価格を調べたりできます。購入費用のうち、設備に投資された物件かどうか、すぐにチェックができる箇所といってもよいでしょう。

さらに注意しなければならないことがあります。どんなに「最新の設備を導入したい!フルリノベならそれが叶うよね!」と思っていても、実はマンション側の問題で期待している性能が出せなかったり、レイアウトは一切変更できなかったりするケースもあるのです。「購入してから自分でリノベ」する場合は、さらに構造のチェックまで必要になります。

中古マンション・リノベマンション購入検討の内見時は、じっくりと水周り設備をチェックしてください!

設備別チェックポイント

水周りの代表的な設備と言えば

・お風呂&洗面
・トイレ
・キッチン

の3カ所です。それぞれ、注目してほしいポイントをご紹介します!

お風呂&洗面

お風呂について、入居後の生活のしやすさに大きく関わってくるのが給湯設備と窓です。

給湯設備はマンション全体に関わることですから、電気温水器式の給湯設備を使っていれば当然同じように電気温水器を利用することになります。

電気温水器の場合、タンクの湯量が家族の入浴スタイルに合ったものか確認をしておきましょう!

トイレ

トイレで注意が必要なのは、共用部の排水パイプとの接続です。
古いマンションで比較的よく見かけるのが、配水管の勾配がほとんど取れない状態になっているケースです。その場合、水が流れる力が弱くなってしまうため、トイレが詰まりやすくなったり、流れが悪くなるといったリスクがあります。

配水管の位置と向きを必ず確認してください!

キッチン

キッチンは特に大きな費用が掛かる設備です。必要なキッチン設備もご家庭によって大きく異なります。
一般的な組み立て式の設備であれば、引き出しや扉の内側に貼ってある小さな紙に、型番や製造メーカーの名前が書いてあります。

製造メーカーと型番を控えておき、自宅でゆっくり機能のチェックをしてみてください!

キッチン

水周り設備の価格帯を参考にしてみよう!

「リフォームをしたいと思うけれど、相場がわからなくてどの工事業者の見積が適性なのかわからない…」

ほんの少し昔は、リフォーム工事費は細かく見積もりが出ることも少なく、どんな設備がどれくらいの費用が掛かるのか、一般的な流通品と特別仕様の商品との違いなどの情報はほとんど手に入れることができませんでした。

しかし、今ではネットで簡単に商品の仕様書や流通価格を調査することができます。

リフォーム専門工事店、家電量販店などのリフォームコーナーなどで、単品のリフォーム費用や購入費用を調べながら、メーカーのホームページで仕様を確認してみましょう。

商品が発売されてから「型落ち」と呼ばれるまで
最多の価格帯の商品の機能に満足できるか
デザインをどれぐらい重視するか

といったポイントで比較しておくと、リノベ済みマンションがどういう点にこだわっているか、原価をしっかりかけて利便性やデザイン性を重視しているのか、逆に少しでも手に届きやすい価格設定を目指しているかといった点を知ることができます。

内見時は、積極的に設備の型番をチェックしてくださいね!

share facebook twitter line
pagetop