「しっかり収納できるウォークインクローゼット」リノベーションマンションの事例

豆知識

2021.07.28

マンション選びで優先順位が高い人気の設備のひとつ、ウォークインクローゼット。「標準設備」というイメージをお持ちの方も少なくありません。しかし、ウォークインクローゼットは大きさや形、配置されている場所や出入り口の扉の形状など「使い勝手」が大きく違うことをご存じですか?リノベーションマンションならではの「使えるウォークインクローゼット」事例を紹介します!

ガーデンホーム笹塚の洋室

マンションをお探しの方が目を輝かせるウォークインクローゼットとは?

「新築マンションではなく中古マンションを候補にいれるようになったのは、通勤と通学を考えてエリアを最優先して検討したいから」優先順位をしっかり決めて物件探しをされているお客様が比較的多い中古マンション物件。

「中古物件だから、設備が古かったり、不便なところもあったりするのは仕方ないよね……」と見学前から優先順位が低い項目については諦めモードになる方も少なくありません。

そんなお客様が私たち「mitaina」が扱う「リノベーション済みマンション」を内見されて驚かれるのがウォークインクローゼットをはじめとする充実した収納です。築年数が古い物件も、フルリノベーションでスケルトン状態から「今の暮らし」に合った使いやすい収納スペースが作られます。

内見時に実際の収納スペースがチェックできるフルリノベーション物件だからこそ「入居後の生活のリアルなイメージ」がわきやすいというメリットがあります。

「毎朝の洋服選びも落ち着いてできそう」
「諦めていた趣味のアイテム収集もこれなら問題なし!」

フリーディオ西麻布の多目的収納

「在宅ワークで仕事の資料スペースが必要になってきたけどこれなら安心」

こんな「引っ越し後の具体的なイメージ」がわくウォークインクローゼットがたくさんあります!

「中古マンション」のウォークインクローゼット実装率ってどれくらい?

東京23区内の「中古マンション」のうち、ウォークインクローゼットあり物件が何件ヒットするか、中古マンション売買仲介の主要サイトを調査してみました。(2021年7月26日時点)

S社……6613/19588件(33%)

Y社……5728/21006件(27.2%)

A社……6136/24082件(25.4%)

O社……989/11064件(8.9%)

「意外とたくさんあるな!」と思われた方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、最も高いサイトでも約3割と、まだまだ「標準的な設備」といえるほどではないのが現状です。

一方、mitainaが厳選した「フルリノベーション済み」首都圏203物件のうち、ウォークインクローゼットのある物件はなんと117件で約57%。

・住まいとしての上質な価値を感じられるリノベーション

・画一的な仕様ではなく物件の個性やレイアウトを活かした間取り変更

この2点をクリアした物件だからこそ、ウォークインクローゼットの実装率が高くなるのかもしれません!

フルリノベーションマンションならでは!内見で喜ばれた間取りをピックアップ

実際に、mitaina掲載物件の中から、ウォークインクローゼットが特徴的なものをピックアップしてご紹介します。

「こんな物件を探したい!」「わが家に必要な収納スペースはこのタイプ!」というヒントに活用してください!

玄関廊下からダイレクトアクセスできるウォークインクローゼット

物件情報:ドムス代々木上原

「帰宅したらまずコートやジャケットを掛けて、寝室には花粉を持ち込まないようにしたい」

「段ボールで届くミネラルウォーターや出張に使うスーツケースは玄関の近くに収納したい」

「ゴルフバッグなどかさばる荷物が多い」

こんな要望に応えられるのが、玄関廊下からアクセスできるウォークインクローゼットです。注文住宅の戸建てでは玄関にウォークインシューズクロークとして広めの収納スペースを作るケースも増えていますが、マンションではなかなか難しい設備です。

使い道の幅が広く、家族共有して使いやすいことはもちろん、配電盤をウォークインクローゼット内に配置することで玄関の壁面をスッキリさせるという細かな気遣いも光ります。

一戸一戸そのマンションの躯体・形状に合わせて暮らしやすいレイアウトをひきなおすフルリノベーション物件ならではの特徴です。

また、この物件には寝室に通常のクローゼットもあります。むりやり「ウォークイン」にするために個室の一部を無理やり切り取ったような配置にするくらいなら、壁側に普通の「クローゼット」があったほうが収納力はむしろ高くなります。「実際の配置や形状」をチェックすることが大切です。

「広いけれどデッドスペース」を活かしたウォークインクローゼット

都立大学 物件

ウォークインクローゼットとして使いやすいレイアウト&居室やリビングの使い勝手を損なわない場所にウォークインクローゼットを設置しています。この物件のポイントは、キッチン真横の「デッドスペース」になりがちな場所を圧迫感なく収納スペースに変身させた設計力です。

さまざまな物件のリノベーションに長けた経験が引き出したレイアウトではないでしょうか。

一つの個室をおしゃれな収納と書斎として使えるワークスペースに!

「収納はおおければ多い方が良い」とお考えなら要注意。収納よりも、長時間快適に家族が過ごせる場所であることが一番大事ですよね。

ひとつの個室にも転用できるスペースを、ウォークインクローゼットとワークスペースという2つの全く違う機能を持たせたフルリノベーション物件です。インパクトのあるレイアウトは、新築マンションではなかなか見つけることができません。

購入したマンションをリフォームしてウォークインクローゼットを付けたら?失敗して後悔しないためには?

押し入れのスペースを拡張してウォークインクローゼットに変更したり、サービスルームに棚やラックを取り付け一部屋ごとウォークインクローゼット化したり、という手ももちろんあります。簡易なリフォーム工事であれば、数十万程度でリフォーム可能です。

特にウォークインクローゼットは2畳もしくは3畳もあれば、多くの棚のついた十分な収納量のものを造ることが可能です。

しかし「現物を見て気に入ったマンション」であれば、「図面から想像していたより〇〇だった」「思っていたより工事費が高くて失敗だった」という後悔をする心配がありません。

一度工事をしてしまうと、原状回復したくても壁紙の交換や空調設備の導入などよけいな費用がかさみます。置きたい荷物の大きさや量や形、出入りする頻度など、具体的なイメージをリストに書き出してから打ち合わせを行いましょう。

「中古マンションを購入して自分でリフォーム」派の方も、「フルリノベーション物件をいろいろ見たい!」方も、mitaina掲載物件は写真をたくさん使って詳しくリポートしています。過去の掲載物件も検索できるので、参考リストとしても活用してくださいね!

ミタイナで掲載するウォークインクローゼット付きのマンション一覧はこちら

https://mitaina.tokyo/feature/a%e5%8f%8e%e7%b4%8d1/

share facebook twitter line
pagetop